ブルーコンシャスとの出会い

大学の卒業式が終わってから最後の就活と思い、参加した合同説明会で、たまたまブルーコンシャスに出会いました。そこでは太陽光のブースがあり、様々な企業がありましたが、ブルーコンシャスだけ、他社とは『熱さ』が違うなと感じました。他社は人事の方が説明をしているような堅い雰囲気でしたが、ブルーコンシャスは実際に現場に出ている営業マンが自分の経験等を踏まえて色々な話をしてくれていたので、ここだったら何か得られるんじゃないかなと思い、話を聞こうと思いました。そこで専務と話をした時「何か夢とかあるの」と聞かれ、『消防士か警察官になりたいです』と答えると、「それいいね、夢や目標があるのはいい」と褒められ、夢の話題からどんどん話が弾み「1年だけ営業やってみないか。公務員の勉強はいつでもできるよ」と、熱の入ったお誘いを頂き1年だったらやってみてもいいのかなと思うようになりました。

髙松社長の存在

説明会では社長とは一切接点がなく、初めて会えたのは研修の時でした。「とにかくオーラがすごいから見たらわかるよ」と言われて、実際に社長にお会いした時、確かにオーラはすごいけど、すごく若々しく見えたので「この人が社長なの」と驚いた事をよく覚えています。社長のすごいと思う所は、お付き合いの幅が広い事ですね。どこでそんな知り合いが出来るんだろうと全く見当もつかない所から会社に引っ張ったり、パートナー店になったりと、ものすごく顔が広くていつも驚いています。あとはスピードですね。やる事全てにおいてとにかく速い。僕は1つの事を徹底的にやって、完結して、初めて次の事に移るので全く社長のスピードに付いていけていないですね。それでも会社でやっている事なので自分のスピードを上げるよう今は努力中です。

今、一番頑張っていること

稼ぎたい!という目標で入社して、以前はお客様と仲良くなる営業をしていたのですが、北本部長の元にいる今は数字第一の営業をしています。本当に数字を第一に意識して、その数字を取る為にとにかく努力を重ねるという所ですね。北本部長の元に来るまでは自分の営業に自信がなくて、なかなか思うように仕事が出来ない時期もあったのですが、北本部長がそんな僕に自信を持たせてくれてからというもの、順調に稼げるようになり以前の目標であった【20代で年収1000万】を叶えられたので、今もそれをキープできるよう、努力し続けています。また、自分にしてもらった事を自分で留めずに部下にも繋げる事はとても大事だと感じているので、自分が上司にして頂いた事を部下に繋げていく事を意識しています。

伝えたいこと

まず、北本部長がいなかったら今の僕はいないと思います。ここまで育てて頂いて本当に感謝しています。これからは僕が部下を如何に成長させられるかが課題だと思っています。また、部下やこれから入社される新卒の方に伝えたい事は、『努力すれば結果は出る』という事です。口だけだったり、努力が不足しているとやっぱり結果には繋がらないので、とにかく自分に出来るだけの努力をしようという事ですね。でも一時的な努力だけなら誰でも出来るので、例え夢や希望が叶ってもひたすらに努力し続けています。この会社は僕にとって、人間性を学べる場所・稼げる環境・努力する事を教えてくれた場所です。ここに来るまでずっと出来る努力もしてこなかったので、努力する事の大切さを教えてくれたこの場所にとても感謝しています。だからこの場所で自分にして頂いた事を部下にも繋いで、支店長として組織を育て上げるという事をやり遂げます。