「やってみるか」と上司が後押ししてくれました。

入社後半年間は九州のコールセンターで管理者として経験を積み、その後は営業を担当。そして半年後に管理部に異動となり、現在は経理事務を担っています。実は資格は持っていないものの経理に興味が湧いたので、上司に話をしたところ「じゃあ、やってみるか」と後押ししていただいての異動です。 簿記をはじめ経理の資格は持っていないし、知識もゼロ。周りの方に1から教えてもらいながら仕事をし、同時に簿記の勉強も続けました。その間に産休を取得するなど、公私ともに忙しかったのですが、現在は簿記2級に挑戦中です。資格の勉強と業務、日々新しい知識をたくさん得られるので、楽しみながら取り組んでいます。

任せてもらえるから知識・経験がどんどん増える!

ブルーコンシャスは「やってみよう」という精神がすごいです(笑い)。私のように「やってみたい」という社員の声を大事にしてくれます。 私が「経理に挑戦したい」と思ったのは、コールセンターで管理者の業務のひとつとしてアルバイトスタッフの給与計算をしていたからです。給与を計算して処理をし、データを送るまでは私が担当しますが、その後の流れはどうなっているんだろうと興味を持ったのがきっかけです。入社前は経理についてまったく関心がありませんでした。難しそうな印象だったので(笑い)。 大きな企業なら、経理でも全体の一部分しか担当できないと思いますが、ブルーコンシャスは、経理でも最初から最後まで全部関わらせてもらえるので、得られる知識や経験のボリュームが大きい。今は経理のほかに労務や総務の仕事もさせてもらっているので、会社のスタッフ部門のいろいろな業務が経験できています。大変ですが、信頼されて任せてもらえるので、やりがいと達成感が大きいです。

「失敗してもいいよ」。上司の言葉が成長を後押しし。

私は子どものころから「失敗しちゃいけない」という思い込みが強く、プレッシャーを感じやすいタイプでした。けれども上司は「失敗してもいいよ、間違っても大丈夫だよ」というスタンスでいてくださるので、業務に対して「間違えちゃいけない」というプレッシャーをそれほど感じることなく、助かっています。 仕事でわからないことがあれば、まず自分で調べて、それでも解決しなければ上司に相談するという感じで、のびのびと仕事をさせてもらっています。 知識量、経験量で言えば、入社前に比べて少しは大人になったと感じます。成長ですよね!大学生のころの自分は、本当に子どもだったなぁと思います。 一番の成長は、周りをよく見て「自分が今こう動かなきゃいけない」と察知し、実際に行動できるようになったことです。突発的なことが起きても対応できるようになりました。 直近の目標は、今勉強をしている簿記2級の試験に合格し、会社の決算や保険料の申請といった業務を一人でできるようになることです。自分で考えて仕事を完結できる人になれたらいいなと思っています。

必要ならルールは変えていい。変えようと言える会社。

ブルーコンシャスらしさをひとことで言うと「自由」だと思います。まず自分がやりたい仕事に挑戦させてもらえること。そして海外旅行でも国内旅行でも「イベントをやるぞ!」となると、それぞれがやりたいことを実現させてくれる「自由な会社」です。 もちろんルールはあるのですが、必要があれば変えてもいい、変えよう!という声を挙げられます。縛られていないですね。 大企業になっても、ブルーコンシャスらしさは変わらずにいてほしいです。このまま続けていけば、面白い会社になるんじゃないかなと思います。

就職活動中のみなさんへメッセージ

私が就活中にブルーコンシャスに興味を持ったのは、ホームページで見た写真の楽しそうな雰囲気でした。第一印象通りの会社だと、実際に自分が働いて感じています。 「これがやりたい」という強い思いを持っている人にはぴったりの会社だと思います。例えば「営業がやりたい」、「会社のこの業務を極めてみたい」そんな意志を強く持って、きちんと伝えれば、指導もしてもらえるし、環境も与えくれる会社です。 同期入社の仲間でも、人に流されずに自分の信条や強い意志を持っている人は辞めずに続いています。仕事は辛いこともあるけれど、楽しいと思えるのは自分次第ではないかな、と思います。 私は「素の自分を求めてくれる会社に入りたい」と思っていたので、面接を受けるにあたっては「今の自分」を売り込み、それを採用してくれる会社で働こうと考えていました。 面接で自分を偽ると、入社後に偽りのまま頑張らないといけなくなってしまうので。だからブルーコンシャスの面接でも自分のことを正直に、自分の言葉で話しました。 社長面接では、緊張することなく自然に話ができたと思います。答えを用意して面接に臨むのではなく、聞かれたことについて、そのとき考えたことを自分の言葉で伝えました。社長も「私という人間」を見たいと思っていらっしゃるだろうと考えて、それを大事にしました。